脂肪肝を予防するための心得|あらゆる裏技を伝授

女性

元気を取り戻しませんか

老夫婦

病気というわけではないけれどなんとなく疲れて今までのように元気に歩けない。つい階段を使わずエレベーターを使ってしまう。骨が弱くなっているんじゃないか。など、年齢とともに病気以外にも様々な体調の不具合や不安があると思います。毎日をハツラツと過ごしたい、そんな時に小林製薬のグルコサミンをお勧めします。

製薬会社のEPA

カプセル

持田製薬EPAは、製薬会社が製造しているEPAのサプリメントである。持田製薬EPAは製薬会社のサプリメントであるため、安全性は極めて高い。持田製薬EPAは、健康の促進や記憶力のアップ、ガンの予防などの効果が期待できる。

様々な体の疲労とサプリ

サプリ

多くの人が体の疲れを感じていても、病気ではなかったり症状が軽い人は対策をしていない人も多く居ます。疲労回復効果のあるサプリメントには、ビタミンB軍、クエン酸が有名です。メジャーな成分には他にも、アルギニンやシトルリン、セサミンというものがあります。

摂取する食品

運動

避けるべき食品

脂肪肝になるということは、肝臓に脂肪が多く蓄積されているということです。そのため、その根本的な解決は、蓄積された脂肪を取り除くことです。これを可能にするのは食事です。日々の食事で脂肪が蓄積されやすいものを避けることが大切です。たとえば、バターや肉の脂身などがあります。こうした食べ物は動物性脂肪と呼ばれていて、脂肪になりやすい特徴を持っています。ただし、脂肪を一切取らないというのは逆効果です。脂肪は人間が生きていく上で、必要な栄養素です。肝臓に蓄積された脂肪がたまらないようにするために、過剰摂取を避けるべきです。そのため、毎日ある程度の摂取は必要になります。その場合は、魚介類から脂肪を摂取すると良いでしょう。

対策用の食品

脂肪肝対策としての食品は、キノコ類や貝類が良いです。貝類であればシジミなどの食品はたんぱく質、ミネラル、ビタミンB12が多く含有されていて、味噌汁に使用して毎日摂取すると効果的です。また、食物繊維を食べることも効果があります。それというのも、食物繊維は脂質や糖質の吸収を抑え込む働きがあるからです。具体的な食品としては、海藻類、野菜、大豆食品などがあります。現在は、サプリメントも多く販売されているので、直接食事から摂取する必要性はありません。脂肪肝に良いサプリメントとしては、セサミン、タウリン、アルギニンなどが配合されているサプリメントがおすすめです。特にセサミンはアルコールの分解促進の働きもあるので、脂肪肝の患者には一石二鳥の効果があります。

食事内容

肝臓は身体に存在している数多くの内臓の中でも負担が掛かりやすいものとなっています。できるだけ生活習慣に気を使うようにして、肝臓に掛かる負担を少なくしてあげましょう。肝臓に負担を掛ける食事としては、油っこいものや、辛いものなどがあります。またこれらを夜食として食べているとかなりの負担となります。さらにアルコールの摂り過ぎも肝臓には非常に負担が掛かるので、できるだけ飲酒は避けるようにした方が良いでしょう。